RELISH ~日々を愉しむエッセンスとテーブル 時々パーティー~


心地よく丁寧な暮らし。器と空間で大切な人をおもてなし。
by relishtable
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

レッスンへのお問合せ

フランスの暮らしを学べるサロン ~フランス流しまつで温かい暮らし~

夏の名残のような1日。でも日差しも空の色も暮れゆく秋。昨日の寒空とはうってかわって暖かい1日です。

このブログでも何度かご紹介した ペレ信子さんのサロン「Table de N」へお邪魔しました。
秋のサロンは穏やかな実りの秋色に染まりながら、どこかシックで凛としたたたずまい。
それは信子さんご自身のお人柄そのもの。
今回はフランスの美食史 のお話を伺えるとのことでしたので、とても楽しみにお伺いしました。

a0323634_13262047.jpg
秋のこっくりとした深い色合いに 実りの彩り。
そして、丁寧にじっくりと考察されたフランス史。
けれど決して堅苦しい内容ではなく、軽やかでユーモアたっぷりのお話しぶりに身を乗り出して聴き入ってしまいます。
大人になってから、身に着けたいことや学びたいことが増え、時間が許す限りは新たな知識を得たいと思うわたしですが、この熱心さが学生時代に生かされていたらな~などとふと思いつつ…
信子さんが研究に使われた参考文献も沢山ご紹介いただきながら、実はこんな考察もできる「フランス革命の時代」などというお話も。あぁ面白かった!また聞きたい!

はるか昔の少女時代、宝塚歌劇の大ファンで、母と良く観劇をしたものです。
当時は「ベルサイユのばら」が大きなブームを起こしており、舞台で繰り広げられるフランスの歴史に基づいた 華やかで切ない物語に心奪われたものでした。
そんな貴族たちの食事や いわゆる庶民の食卓など、そして今日に至るまで… こんな風に美食という見方でも、歴史をたどることができるのですね。
(余談ですが、当時憧れていた宝塚スターの方… 10数年前になりますが、その方のディナーショーで影アナと呼ばれるMCを務めさせていただいたことがあります。小学生のころに憧れていた方と、まさか仕事でご一緒できるなんて…!と大感激し震えた私です笑。そんな甘やかな想い出もふと蘇りました…)

a0323634_13271675.jpg
普通のフランスのお家ではね…
と、教えていただいた美味しい食べるスープ。
早速実践しようと思います。
行程が複雑だと、ちょっと作るのに躊躇してしまいますが、信子さんの手にかかると本当に不思議。お喋りしているうちに完成してしまうような気軽さ。
もちろん、丁寧にご準備をなさっているのだと思いますが、いらしている方に負担を感じさせない さりげなさや自然な心遣い、いつお会いしても素敵だな、としみじみ感じてしまいます。

a0323634_13264709.jpg
ご一緒させて頂いた方々との弾む会話も 美味しい食事の大切なエッセンス。
信子さんが大切になさっていること を沢山教えていただいて、帰り道は幸せとぬくもりの余韻を感じつつ。満たされた想いは、たっぷり家族に還元したいと思います。




ランキングに参加しています。お読みいただいたしるしに下記写真をクリック頂けると幸せです。
a0323634_15583377.jpg

by relishtable | 2016-10-26 15:10 | blush up

検索

最新の記事

Table de N 初夏の..
at 2017-06-02 21:27
春のおもてなし
at 2017-03-12 20:01
工芸茶で春を想う (くらし部門)
at 2017-01-27 20:07

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧