RELISH ~日々を愉しむエッセンスとテーブル 時々パーティー~


心地よく丁寧な暮らし。器と空間で大切な人をおもてなし。
by relishtable
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

レッスンへのお問合せ

フランス流しまつで温かい暮らし に想う秋のあれこれ

秋の長雨に悩まされていたら、すっかり衣替えの季節になってしまいました。
もともと気の向くままブログ…にて、言葉が追い付かない時期は文章にすることもできず、ブログもほったらかし状態です。
なにか書き綴りたい時期、は、どうやら頭も体もオンシーズンになっていることが条件である、と最近気付きました。
つまりは、ウェディングに携わる者、いわゆるトップシーズンである春と秋は頭もフル回転、零れ落ちそうな言葉たちをつなぎとめて、忘れぬように頭に刻みつけて。そんな作業を繰り返していると、文章にも表したくなる…
そして、怒涛のトップシーズンが終わると、ゆるゆる緩んで、ふわふわ風船のように漂ってしまい、書き綴る、という作業からも遠のいてしまう…いけませんね。メリハリは大切ですが、通年、頭はしっかりはっきりさせておかないと。

そんなゆるっとした夏の名残を引きずりつつ、読書に没頭していたこの夏と秋の初め。
心に残った素敵な本に出会えた幸せをお裾分けします。

a0323634_20555514.jpg

「フランス流しまつで温かい暮らし」 ペレ信子著 

テーブルコーディネーター仲間でもあるペレ信子さんがこの秋に出版されたご著書。
フランス、と聞くと思わず構えてしまうようですが、実は違う、丁寧でいさぎよく、そしてものを大切にする暮らし方や生き方、心や生活の整え方…ご家族との温かいエピソードを交えながら、思わず一気に読んでしまう、心にするりと入ってくる本です。

ご著書の出版を記念して開かれたパーティーも素晴らしかった!
この素晴しいとは、豪華で、とか、華やかで、とかそんな言葉はふさわしくなく、フランスのおうちに招かれたような、出会いと交流が自然と行われる、究極のホームパーティー。

パーティーの様子はペレ信子さんのブログにも綴られています。この時間、この場所、そしてこの集いは人生でたった1度きり。そんなパーティーの奇跡を感じるひとときでした。

サロンにも何度か伺ったことがありますが、心に残っていることを1つだけ。
(ご紹介したいことは山ほどありますが)
フランスの家庭料理とテーブルコーディネートを教えて下さるサロンですが、暮らし方についても沢山のヒントをいただけます。

いつのことだったか、大切にしているカトラリーのしまい方、という話になり、実はね…
と取り出してこられたのが、以前はお子さまが使われていた、というどちらかというとオフィス仕様な、しっかりとしたケース。
実用的で使いやすいのよ、と。同じものでも見方を変えると違う使い方ができる、まさにテーブルコーディネートの大きなヒント、となるような 大切なものの使い方。
カトラリーは、お手製の素敵なリネンケースに収められ、お子さまから引き継がれたケースの引き出しへとしまわれていきました。
a0323634_20554664.jpg

親から子へ。つなぐ家族の歴史。
毎日の暮らしは素敵な出来事に満ちている、そんなことに気付かされる幸せな本です。





ランキングに参加しています。お読みいただいたしるしに下記写真をクリックいただけると幸せです。

a0323634_15583377.jpg

[PR]
by relishtable | 2016-10-01 12:18 | book

検索

最新の記事

Table de N 初夏の..
at 2017-06-02 21:27
春のおもてなし
at 2017-03-12 20:01
工芸茶で春を想う (くらし部門)
at 2017-01-27 20:07

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧