RELISH ~日々を愉しむエッセンスとテーブル 時々パーティー~


心地よく丁寧な暮らし。器と空間で大切な人をおもてなし。
by relishtable
プロフィールを見る
画像一覧

レッスンへのお問合せ

心地よい場所 (くらし部門)

旅が好きで、少し煮詰まってくると深呼吸をしに、どこかへいきたくなる。
そして、どちらかというと、たくさん計画をしてあちこち巡る旅、よりも(それももちろん時間のロスがなくて、とても充実感を感じられるのだけれど!)行先だけ決めて、あとはその日の気分やお天気で決める旅、の方が居心地がよい。
と言いつつ、子供を連れた旅だと、こんな経験をさせてあげたいな、とか、これを見せてあげたい、とか、ちょっと欲張ってしまうのですが。

久しぶりに南の島へ行ってきました。

a0323634_16480050.jpg
そう。琉球!
沖縄、というよりも琉球ということばがしっくりくる。
一時は本気で移住を考えたこともあるオット…彼がこの世で最も愛する居酒屋がこの島にあり、ここに泡盛を飲みに行くだけのために行ったこともある、らしい。(さすがに結婚してからは、そんな贅沢は許されません)
店主夫婦とは長い長いお付き合い。私たちが家族となるまでの日々も、家族が増えていく日々も、年賀状をやり取りしながら、多くても年に1度の訪島なのだけれど、そんなゆるりとしたお付き合いをさせていただいていて、ここに来ると、なぜか原点に帰ってきた!と思える場所、でもあるのです。

a0323634_16480857.jpg
滞在中は生憎の天気。
子供たちが楽しみにしていた ホエールウォッチングも、高波の影響で出港したものの 途中で中止になってしまい…と言いつつ、立ち寄った無人島で、強風にさらされながら貝拾い…笑
でもそんな何気ない遊びの方が楽しかったりする。

観光地をめぐる旅も楽しいし、ガイドブックを熟読して、行きたい場所をリストアップするのもまた楽しい。
でも、ここ最近は、住んでいる人の気配が感じられる 何気ない路地だったり、咲いている花だったり。その場所、その時間に偶然出会ったもの、に旅の醍醐味を感じてしまいます。

a0323634_16471958.jpg
古民家で食べる沖縄そば。
冷たいさんぴん茶。
冬とはいえ、窓や戸が開け放たれ、ゆるむ風が気持ち良い。

旅は日常の延長でもあり、いつもの日々を忘れて心を解き放つ場でもあり…でも、家事から離れて、その分家族と向き合うことができる、のは、やはり心を穏やかにさせてくれるものです。
ほんの少し日々のことを忘れて、またいつもの暮らしに戻っていく。たっぷり旅でエネルギーを得て、楽しかった旅の余韻に浸りながら、家路につきます。また行きたいね、なんて話しつつ、それでも家のお風呂が一番だね~と、家族みな口を揃えて言うのは面白いものです。




ランキングに参加しています。お読みいただいたしるしに下記写真をクリックいただけると幸せです。





a0323634_15583377.jpg


第一回プラチナブロガーコンテスト(くらし部門)



[PR]
by relishtable | 2017-01-14 20:58 | travel | Trackback | Comments(0)

夏の日々は自然の中で食卓を。

夏の日々はすっかりブログからも遠ざかっていました。
日々のこと。この夏の旅を少し振り返ります。

古いもの。暮らすように過ごすのが好きな我が家、夏の旅は昨年同様、古民家からスタート。
今年も東北をふらりと巡ってきました。
とは言え、気になる場所では立ち止まり、美味しいものがありそうと言っては寄り道し…
なかなか距離は進みません…

a0323634_15032091.jpg
道中、魚市場に立ち寄って新鮮な魚や貝を調達。
夕飯は七輪で海鮮バーベキューです。
っと、その前に火をおこさなければ。
散歩がてら杉葉を拾い、水分の抜けた枯枝を集め、火をおこして五右衛門風呂を沸かします。
何もない場所だけれど、だからこそ、何もない贅沢を愉しめる場所。

a0323634_15025503.jpg
夏の盛り、少し北上しただけなのに、夕暮れ時には囲炉裏の暖かさが恋しくなっていました。
大きな梁のある古い家、冷房は全く必要なく涼やかに風が通り抜ける…家というのは、本来こんな風に風通しの良いものなのかもしれません。
囲炉裏でとろとろとじっくり鉄瓶で湯を沸かす。鉄瓶で沸かしたまろやかな湯で珈琲を淹れ、至福のひととき。
ほんの少し山の中、電波も通じないので、仕事の電話も入りません…笑

夏の盛り、しばし現実を忘れ、緑の豊かさと静けさに心が解ける休日のはじまり。


少しご無沙汰しておりましたが、ブログも再開致します。
お読みいただいたしるしにクリック頂けると幸せです。
a0323634_15583377.jpg

[PR]
by relishtable | 2016-08-28 15:23 | travel | Trackback | Comments(0)

和紙と器に癒される旅 

梅雨出水 ~つゆでみず~
そんな言葉が思い浮かんだ 今朝の大雨。
ここのところ続く雷も まもなく明ける梅雨を思わせるようです。

実はひそかに(いや、ひそかどころか堂々と…)雨女の気がしている私。
だいたい旅に出ると大雨、豪雨、時には台風までも呼んでしまう、、、
梅雨の旅ですから、致し方なし。と腹を括って計画したのが良かったのか、先日の旅行はしとしと霧雨、程度、湿り気が逆に心地よく涼しい夏の旅と相成りました。

向かった先は 金沢。
女子3人旅、です。
母娘3人…そう、今回は私がムスメ、の立場。母と妹を誘って金沢現地集合であります(*^_^*)

なかなかこの3人で旅することは難しく、1年に1度も行けません。そりゃそうか。。。
でも、いつか行こう、、、と思っていたら絶対行けない気がして。思った時に行動すると、意外に事はスムーズに運ぶものです。

金沢はずっと訪れたかった場所。見たいもの、触れたいもの、たくさんありましたが、やはり心惹かれたのは和紙…

a0323634_11441774.jpg
そう。この空間を訪れてみたい!とお宿は 山中温泉の花紫へ。
金沢から電車で30分ほど。漆器の町としても有名な場所です。
和紙デザイナー 堀木エリ子さんによるダイニングスペースの空間演出。
夜の灯りも 朝の光もそれぞれに美しく、透ける和紙の向こうに広がる緑のなんて美しいこと。

a0323634_22260822.jpg
雨があがったあとの緑はまた瑞々しく美しい。
緩やかな時間の流れを感じます。

旅が好きなのは母譲り。
若いころは1人旅が大好きだったという母の影響か、私も妹も若かりし頃はバックパッカーでした。
今は私一人が関東に、2人は関西在住ですので、帰省のタイミングでしか揃うことができませんが、時折こうして関東関西の中間地点、と称し、現地集合の弾丸ツアーを企画します。

しばし現実を忘れ、母親業は一休み。娘に戻って心もゆるんだ金沢の休日です。


a0323634_15583377.jpg

[PR]
by relishtable | 2016-07-15 23:18 | travel | Trackback | Comments(0)

静かな阿蘇の森で 家族と囲む温もりの食卓

阿蘇の森 静かな静かな温泉宿での1日。
細い山道を通りぬけた先に、その宿はありました。
a0323634_17341089.jpg
宿についたその時は、まだ雪が降っていなかったものの…
夕刻よりちらちらと舞い始める雪。あまりにも静かなので、しんしん、と雪の降る音までが聞こえそう。

a0323634_17342354.jpg
自然を生かした造り。このアプローチを抜けてお玄関口へ。

a0323634_17354234.jpg
館内ですれ違うのもまた…スタッフの方のみ、、、
お食事場所へ向かう時に、ようやく ほかのご家族連れとご一緒になりました。

お夕飯は食事処にて。
寒い夜でしたので、掘りごたつのお部屋がとても幸せでした…♡

a0323634_17343936.jpg
a0323634_17334827.jpg
ゆっくりいただくお食事と ゆっくり更けていく夜。
美味しく幸せなひとときです。

またこんなご褒美旅ができるように、日々を頑張ろう!と思えたのでした。




ランキングに参加しています。お読みいただいたしるしに下記写真をクリック頂けると幸せです。
a0323634_15583377.jpg

[PR]
by relishtable | 2016-02-17 17:53 | travel | Trackback | Comments(0)

週末の弾丸TRIP…名水を求めていざ熊本へ♪

春の嵐に見舞われたバレンタインディ…と思ったら、今日は真冬に逆戻り。
まだまだ寒さは続きそうですね。。。

先週末のこと。
毎年、春節の時期は比較的休みを取りやすいオットと私。週末の弾丸旅を決行するのが恒例です。
今年は熊本へ。

a0323634_20002059.jpg
なぜか家族そろって、名水、清流、水源…という綺麗な水にまつわるワードに弱い我が家。
今年は水源で水を汲もう!と家族の意見が一致しました。↑ こちらは訪れた水源。本当に湧き出ている水が美しすぎて感動☆

しかしこの週末、、、九州は関東よりもずっと寒かった。。。ので、震えながら水源で水を汲み…^_^;
取り急ぎお宿へと車を走らせます。

a0323634_20000088.jpg
冷えた体にじんわり染み入る温かいお茶とお汁粉。
美味しい…♡
外はすでに雪が舞っています。。。

a0323634_19593000.jpg
古民家…を訪れた夏の旅に続き。
やはり古いもの、が好きな私たち。
今回のお宿も、「この道の先には、本当に宿があるのだろうか!?」と内心かなりびくびくしながら通った、細ーい山道の先に、、、
ぽつん、とたたずむ小さな宿。
1日6組ほどの宿泊、という静かな静かな温泉宿です。
a0323634_19585834.jpg
パチパチ、と薪のはぜる音も響くような静けさ。
日頃の忙しなさを忘れ、しばしぼんやり。
本を読んだり、ぶらぶら散歩をしたり。何もしない贅沢を味わうアクティブではない親子です…笑

a0323634_19591476.jpg
そして、こちらの特徴ともいうべき温泉は…
源泉かけ流しの大きな内風呂がお部屋についていること!
たった1泊でしたが、相当お風呂に入りました(*^_^*)

a0323634_19594604.jpg
部屋風呂だから、温泉の写真も撮れる…!これはかなり貴重ですよね。
それにしても寒い日でした。温泉にして良かったなぁ~としみじみ。

続きはまた後日…



ランキングに参加しています。お読みいただいたしるしに、下記写真をクリックいただけると幸せです!

a0323634_15583377.jpg

[PR]
by relishtable | 2016-02-15 20:24 | travel | Trackback | Comments(0)

やきものの町を訪れる ~ぶらり益子旅~

シルバーウィークお疲れ様でした。
世の中、ほとんどの方はお休みを過ごされたことと思います。
この連休期間も半分は、たくさんの笑顔溢れるウェディングパーティーでの仕事、そして半分は家族と過ごしておりました。

連休後半は 数日前に思い立って、やきものの町を訪ねてみることに。
笠間、そして益子。笠間は栗も特産なのですね。

a0323634_13544062.jpg
あちらこちらのディスプレイには新栗が。美味しそう!よりもディスプレイに目が行ってしまう…。
私はもちろん器三昧の予定。そして子供たちは…器ばっかり見せられてつまらなかったことでしょうが、、、温泉に泊まろう!と説得して(我が家の子供たち、温泉が大好きなもので…。)ハハ主体の旅にお付き合いしてもらいました。

とは言え、高速を使えば2時間もあればついてしまうほどの意外な近さ。あっという間に益子に到着。
そして、酒蔵を発見。。。米どころは酒どころ、ですね。酒蔵には杉玉が…。そう、新酒の合図!

a0323634_14464654.jpg

photo by pinterest

軒先に青々とした杉玉がぶら下がっていたら…新酒ができましたよ、という合図なのだそう。(by 呑兵衛のオット)
と言うわけで、通り過ぎるわけにはいかず、ここで運転は交代。(友人知人、多くの人に意外と言われますが、まったく呑めない私。人生の半分を損しているような気がします。。。)

a0323634_13543009.jpg
益子の銘酒。燦爛です。
酒蔵を見学する、呑兵衛と下戸と…コドモ笑。
でも、十分楽しめましたよ~!

a0323634_13545414.jpg
a0323634_13550423.jpg
ここまできたら、利き酒もいたしますよね。
酒蔵に併設された、何とも雰囲気のいいカフェにて、美味しい珈琲などをいただきながら、(あるいは大吟醸などを呑みながら…)
ゆるーく低く流れるjazzをバックに、しばしのくつろぎ時間。陶器にまつわる書物が豊富で思わず時間を忘れました。夫に子供達もそれぞれ読書を愉しみ、まとまっているようなまとまっていないような、それもまた楽し。

肝心の器は…さんざん吟味して、本通りを行ったり来たり。
気に入った数種を購入して参りました。
いつか、こちらでもコーディネートしたテーブルをお見せ出来たら、と思います。

いよいよシルバーウィークも終わり、幸せで忙しいウェディングシーズンに突入。しっかり体調を整えながら、喉を潤し気持ちも潤し、沢山のパーティーをお手伝いできるシアワセを噛みしめて、一言ひとことに想いを紡いでゆきたいと思います。



◆トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

…こちらにも秋を彩るコーディネートがいっぱいです


ランキングに参加しています。お読みいただいたしるしに下記写真をクリック頂けるととても幸せです。
a0323634_15583377.jpg

[PR]
by relishtable | 2015-09-24 15:50 | travel | Trackback | Comments(0)

古民家で過ごす夏の休日

夏の旅。

今年は古民家!と決めていました。
あまりキャンプ向きではない我が家^_^;
でも、すこしばかり不便で不自由な暮らし、は一昔前なら当たり前だったはず。
何もない、けれど日々の暮らしをそのまま愉しめるような場所があれば…と探すこと数日、夏の旅は東北に決定。

a0323634_15031849.jpg
東北地方の古民家。1日1組限定のお宿。
と言っても、食事は自分たちで用意します。それがまた楽しいのだけれど。

ここではまず、火をおこすことが暮らしのはじまり。
杉の葉を集め、小枝を集める。薪をくべて五右衛門風呂を沸かす。
初めての経験にとまどいながらも、囲炉裏を囲んでの団欒がまた楽しい。

a0323634_15041963.jpg
薪で炊いたお風呂は、まろやかなお湯だと感じました。
携帯の電波も入らない場所。静かな夕暮れはせっかくなので、気持ちの良い外で過ごすことにしました。
七輪に炭火をうつし、お肉や魚を焼いて。地場のお野菜を少し。なんて贅沢な食事!

a0323634_15035720.jpg
お食事の提供はありませんが、お部屋の中にも宿の入り口にも野の花。おそらく庭に咲いていたお花なのでしょう。
宿のご主人の生家だとか。古民家と言いながらも、お掃除の行き届いた、とても清潔感のある空間です。
何もない贅沢を味わった夏の1日でした。
また訪れたいと思います。

古民家中里




◆トラコミュ シンプルで豊かな暮らし
…こちらにも夏の日々がいっぱいです


ランキングに参加しています。お読みいただいたしるしに下記写真をクリック頂けるととても嬉しいです。

a0323634_15583377.jpg

[PR]
by relishtable | 2015-08-24 09:37 | travel | Trackback | Comments(0)

島時間 贅沢な食卓とは

夏の日々を少し振り返ります。

神戸に一番近い島、淡路島。
その昔は、フェリーでしか渡ることのできなかった島ですが、明石海峡大橋が出来てからは、ぐんと身近になりました。

それでも、島は島。
島時間、というのでしょうか。どこかゆったりと流れる、この島の空気感は、旅人のこころを和ませてくれます。

今回の滞在中、この島に住む友人を訪ねることも楽しみの一つでした。
共に旅するのは、長年の友人たち。国内外、さまざまな場所を共に訪れた仲間です。
それぞれが、仕事の忙しい時期があったり、結婚したり、子供が生まれたり、神戸を離れたり、、、と様々な事情で、数年の間は会うことも難しい時期がありました。それでもようやく、少し皆の状況も落ち着いてきたような気がします。
ここ2,3年でしょうか。子供がいるメンバーも、会合に参加できるようになり…今回も子連れ旅行と相成りました。
きっと、こんな風に子供を連れて旅できるのもまた、この数年だけ…
成長と共に、子供達にもそれぞれの世界ができて、部活動や留学や。親と共に夏休みを過ごす、なんてことも少なくなってしまうのでしょうね。

a0323634_14364042.jpg
さて、前置きが長くなりましたが、旅時間はそれはそれは贅沢なものでした。

と言っても、リゾートホテルに滞在したわけではなく、優雅な旅をしたわけでもありません。
どちらかというと、今回私たちは…少し不自由で不便な旅、自然の風をそのまま感じられる旅が、どれほど豊かなモノなのか、を子供たちに感じてほしかったのです。
淡路島と言えど、宿のある場所は、コンビニもありませんし、自販機もありません。
そこにあるのは、豊かな自然と、静かな海。そして眩しい太陽と温かな人たち。

島に住む友人は、何も言わずとも私の想いを汲み取ってくれていたのでしょう。
宿泊先のゲストハウスの方々と用意してくれた、島の食材をふんだんに使った美味しい食事は、採ったばかりの貝や蛸。美味しい魚。畑で採れたての野菜。
愛情たっぷりで、新鮮で。暑くて大汗をかきながら、普段はどちらかというと食の細い子供たちが、美味しい美味しい!と目をきらきらさせながら、それでも沢山おかわりをしました。

トマトの色鮮やかなこと。
氷をはったたらいに、無造作に放り込まれたトマトは、この上なく美味しくて、見た目にも何と美味しそうで美しいこと!

海と光と風の音。自然の中でいただく食事は、最高の贅沢時間でした。
また必ず来ようね、と約束。優しく温かい島の皆さま、また会う日までどうぞお元気で!




◆トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

…こちらにも夏時間がいっぱいです

ランキングに参加しています。お読みいただいたしるしに下記写真をクリック頂けるととても嬉しいです。

a0323634_15583377.jpg

[PR]
by relishtable | 2015-08-11 12:29 | travel | Trackback | Comments(0)

山と緑と空と水と

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたでしょうか。

今年はこの数年で初めて!? お仕事をお休みさせて頂きました。
この季節は蓼科に滞在するのが恒例行事となっておりますが…
オットの友人家族 合計3家族での山荘滞在。
しかしながら、誰かが仕事だったり、部活の合宿だったりと、全員そろうことはなかなか難しくなってきました。

男性陣は学生時代の友人、という気の置けない仲間。子供たちも同年代、という嬉しい偶然で、
普段は離れていますが、年に2,3度、こうして合宿のように笑
集い、エネルギーをチャージしてそれぞれの場所に帰っていく、とても幸せなことだな、と思います。
子供達も、どこか親戚のような、いとこ、のような感覚でしょうか。

a0323634_12133877.jpg
山の中で過ごした5日間。
早朝、鳥のさえずりで目が覚める、という(正確には、子供達、元気すぎて早朝から騒ぎだす=起こされる…^_^;)
とても贅沢な時間を過ごしました。

数日間で、緑と花と水と、、、自然の風を胸いっぱい吸い込んで、充電してきました。

a0323634_12132591.jpg
蓼科はまだ早春の香り。
たんぽぽや八重桜が満開です。

今年も素敵な光景にたくさん出会えました。


◆トラコミュ シンプルで豊かな暮らし


…こちらにも素敵なコーディネートがたくさん!


ランキングに参加しています。
下記写真をクリックいただけると、とても嬉しく更新の励みにさせて頂いています!
いつもありがとうございます。




a0323634_15583377.jpg

[PR]
by relishtable | 2015-05-07 12:38 | travel | Trackback | Comments(0)

宮崎から…

a0323634_09593199.jpg
先週末 弾丸ツアーで宮崎に行ってきました。
何も予定も組まず…温泉に入って…寝るだけ笑
レンタカーを借りてあちこち行こう!というような感じでもなかったので、移動は一時間に一本しかない電車で。

最近は(家族も一緒ですし)気ままな旅、からは遠ざかっていますが、どちらかというと旅の行程はその日の気分で決める、のが好きです。
電車の時間を待ちながら、駅の周辺をぶらぶらしたり、思わぬ光景に出会ったり。

と、実はこの旅にもカメラを持参していたのですが…
宮崎に着いてからSDカードを置いてきたことに気付きました…笑
現地調達しようにも、都会を避けて宿も選んでいたため、どこにもSDカードが売っていないという…。
諦めて、今回はカメラなしの旅、です。

極め付け。
最後に立ち寄った駅で、何故かカメラを置き忘れてしまうというおっちょこちょいなわたくし。
自宅に帰ってから気付く始末です。
もうないだろうな~と諦め半分…でしたが、カメラさん、見つかりました!良かった…ありがとうございます。

a0323634_09593654.jpg


そんなわけで、ようやく手元にもどってきたカメラで。
宮崎のお土産に買ってきた 日向夏と金柑。
甘酸っぱくてみずみずしい♪
次回は…カメラもSDカードも忘れぬように致します笑




a0323634_15583377.jpg


にほんブログ村

お読みいただいたしるしにこちらにもクリック頂けると嬉しいです
更新の励みにさせていただいています


[PR]
by relishtable | 2015-02-26 09:57 | travel | Trackback | Comments(0)

最新のコメント

>ポールカさま ご..
by relishtable at 17:45
ご無沙汰しております。 ..
by ポールカ at 22:27
みーさん お久しぶ..
by relishtable at 20:42
nanakoさん ..
by relishtable at 20:40
こんにちは^^ 素敵な..
by みー at 09:44
とっても素敵なお買いもの..
by nanako at 17:19
>grandeNさん ..
by relishtable at 16:17
relishさん、早速実..
by grandeN at 07:06
みー さん お返事..
by relishtable at 16:41
こんにちは、先日はありが..
by みー at 12:28

検索

最新の記事

Table de N 初夏の..
at 2017-06-02 21:27
春のおもてなし
at 2017-03-12 20:01
工芸茶で春を想う (くらし部門)
at 2017-01-27 20:07

ブログジャンル

住まいとくらし